4)プロジェクトの成果と今後の展開

当開発における実証実験ならびに委員会会議を経て、

  • 電子書籍交換フォーマット仕様書(ver.1.0)
  • 電子書籍交換フォーマット検証用変換ツール
  • 当実証実験における報告書

以上が成果として挙がった。

今後の成果展開について

当プロジェクトによって確立された電子書籍交換フォーマットにより、特定の端末に依存しない、コンテンツの長期的な利用を可能にする。コンテンツ普及と端末普及との相乗効果により、電子出版物の蓄積及び利活用が促進され、市場が拡大される。また、国際標準に、我が国で開発した電子書籍交換フォーマットを反映させることで、政府調達でも、同フォーマットやそれに基づいた電子出版物を利活用することができる。このような成果展開のためには、プロジェクト終了後も、各方面との協力や協議を行いつつ、環境整備、普及・標準化活動が必要となることが見込まれる。引き続き、各方面のご助力およびご指導を求めていきたい。

交換フォーマットロードマップ

時期 交換フォーマット ツールなど 実証・普及
2010年度 •.book/XMDFの機能を包含
•日本語ミニマムセット(≒両者共通部分)を定義
•TTX⇔交換F変換
•XMDF記述F⇔交換F変換
•EPUB2.0変換テーブル
•検証目的の変換ツール。
•テキスト機能を主に実証。
2011年度前半 •日本語表現対応最終版仕様 •TTX⇔XMDFを交換Fを通じて実現。
•どちらかにない機能については、ログ/メッセージを出すか適切なものは代替機能に置き変える。
•ビジネスに向けた、変換ツールのブラッシュアップ。
2011年度後半 •国際標準に向けた(拡張)仕様案
•国際標準化活動
•3rd パーティからツール供給開始(交換Fオーサリングツール、他フォーマットへの変換など) •商用コンテンツを交換Fで蓄積
2012年度〜 •交換F用ツールが普及

※現時点の予定であり、今後状況に応じて見直すことがあります。

成果展開

成果物 概要
電子書籍フォーマットの現状調査報告 電子書籍フォーマットの国内外の状況や、電子書籍の利用環境を調査する。
電子書籍交換フォーマット 従来の電子書籍フォーマット(TTX,XMDF記述フォーマット)の機能を包含し、コンテンツの長期利用に適したXMLフォーマット
電子書籍交換フォーマット仕様書 上記フォーマットの仕様書
検証用変換ツール 従来の電子書籍フォーマット(TTX,XMDF記述フォーマット)
上記電子書籍交換フォーマットとの間の双方向変換ツール
検証結果 上記変換ツールを用いた実証結果。
コンテンツ提供者/サービス提供者の側での利用可能性の実証結果。
国際標準化提案の準備 IEC TC100において、国際標準化の提案を進められるよう準備する。

↑このページの一番上へ