一般社団法人 日本電子書籍出版社協会 The Electronic Book Publishers Association of Japan

電書協について

委員会

【法務委員会】  委員長 冨田健太郎(扶桑社)

著作権法改正や、電子書籍の海賊版及び違法コピー等の権利侵害行為、電子書籍の新たなビジネスモデルについてなど、電子書籍関連の法的諸問題の調査と対応について検討し、会員社の実務の円滑化に務める。
また、国立国会図書館による電子書籍・電子雑誌収集実証実験事業において生じる課題や関連する法律の調査・研究を行う。




【流通委員会】  委員長 大野俊一(双葉社)

年々発展を遂げる電子書籍とその周辺の市場において、「流通」の視点から版元の現場で共通の課題は何か、どのような対応が必要か、随時研究テーマを設定して取り組んでいく。
現状では「プリントオンデマンド」「音声配信」「読み放題」「課金型図書館配信サービス」等の新市場を取り上げ、その将来性や各種のビジネスモデルの研究を行う。




【製作・技術委員会】  委員長 織田信雄(学研ホールディングス)

電子書籍製作における紙版の情報掲載や、ビューアチェックの注意点等、各社状況の調査を実施。特に、電子書籍のデータ修正・履歴管理に関する調査は今年度も継続して行い、加盟社の業務に役立てていく。一方、市場に出揃った各社EPUB 3対応ビューアに関して、委員会でそれぞれの機能や特性等を調査し、その特徴を把握する傍ら、W3CによるEPUB 3新バージョンの行方にも注視する。また、電子書籍アクセシビリティに関する業界動向を見守りつつ、委員会としての意見を取りまとめていく。